2018年11月19日月曜日

正倉院古文書、戸籍

 今年は、正倉院展で豊前国の戸籍が出展されていましたが、詳しくは見れてませんでした。古文書を見るときの基礎知識がないので仕方の無いところがあると思っていました。たまたまですが、「正倉院文書の世界、丸山裕美子著、中公新書」を見つけました。この本では、カラーの口絵に大宝2年の筑前国の戸籍が採りあげられています。この時代の戸籍としては美濃国以外に西海道諸国のものがまとまって残っているそうです。西海道は九州地方のことで、筑前・豊前・豊後国のものが残っていて、同じ書式で、大きな国の朱印が整然と押されていて、太宰府の指示により統一した書式で清書されたのだと考えられている。とのことです。
下記リンクの図は、文化遺産オンラインより
筑前国
豊前国
拡大してみれば、国印は豊前とか筑前とか違いますが似ています。
 この本では、戸籍の名前・年齢などが書き出されていて(活字で)、ふりがなもあり、わかりやすく見ることができます。来年は正倉院展に出かける前に、この本を見ておくと文書類の展示も理解できると思いました。
 筑前・筑後とかの前後のつく国名ですが、この名前になるためには、前もって統一された戸籍がすでにあり、それを元に分割したということなので、大宝律令以前の戸籍があったと思われます。備前・備中・備後や越前・越中・越後など、さらに前中後がつく国もありますが、古い時代から戸籍があったと思われるので、この地域が安田仮説の名字の関連する地域と重なってくるので無関係とはならないと思います。国名が前後だけでなく上下のつくところもあります。前後では都に近い方が前で、遠い方が後ということで、この本では下総・上総も昔は海路なので南が都に近く上となったとあります。そういうことのようですが、総前・総後になっても良さそうなので、何か条件が違うとは思いますがわかりません。
 全体として戸籍が地域により違っているようなので、完全に中央集権国家ではなく、連合的な国であったようには感じます。道鏡の宇佐八幡宮事件も理解しにくいですが、地域の力が強かったのかもしれません。藤原純友の乱や平将門の乱など、中央からの視点では反乱ですが、締付けがきびしければ、そういうことが起こる状態だったかもしれません。鎌倉幕府も中央に対する反乱のようなところがあるので、奈良時代も確固としたものではなかった感じがします。図書館の返却期限があるので、この本をもう少し読みたいと思っています。

2018年11月16日金曜日

アジアの調理器具

 NHKの趣味どき アジアごはん の番組を見ていたとき、
調味料を作るのに押しつぶすして混ぜ合わすような道具が出ていました。
第1回韓国、第2回インドネシア、第3回ベトナム、第4回トルコ、第5回タイ、第6回台湾、第7回イラン、第8回インドの放送でしたが、どの国か記憶が定かではありません。この道具が良く出てきました。インドは確実です。
 ネットで見れば、タイ料理では クロックストーンミルセットのようなものです。


 この中でのいくつかの国では、このような器具を使っていました。共通の食文化があったという気がしました。おそらく仏教などを通じて共通の食習慣になったのだと思われます。放送では南インドの料理でした。北インドの方はイランやアフガニスタンなどの中東の影響を受けて少し違うんだと思います。南インドは東南アジアの国と近く、文化圏が同じかもしれないと思いました。餅つきも臼を使いますが、何か関係あるかもしれません。上記の番組の本がありましたが、調理器具についてはタイのクロックが紹介されているだけで、調理のレシピとかが中心で、調理器具については詳しくは無かったです。世界中どこでもあるのかもしれませんが、この地域に限定されるものかもしれません。

追記:
[絵引]民具の事典【普及版】、発行:河出書房
この本で、日本での似たようなものを探すと、
  • うす・・・・餅つき、穀物の脱穀・精白・製粉
  • こね鉢・・・そば・うどん・団子・饅頭などを作る。
  • すりばち・・ごま・大豆・味噌などを擂ったり、とろろ汁や豆汁、魚のすり身など
  • 乳鉢・・・・薬の原料や顔料を擂って細かな粒子にする小鉢状の器
などです。
日本では、このような調理器具は無いと思っていましたが、そうでは無いようです。すり鉢などは似ています。すじの有無の違いがあり、乳鉢が機能的には似ていますが小さい感じです。微妙な感じですが、どこにでもありそうな気はしないでもありません。まあ、思い込みかもしれませんが、直感的には、南インドと東南アジアとのつながりを感じました。


2018年11月14日水曜日

正倉院文書を調べる

 正倉院展で、豊前国仲津郡丁里(よぼろり)戸籍が展示されていたのですが、よく見ておらず、メモってなかったので思い出せません。しかし、今回の戸籍を見ていて、多分、現在の名字につながるものは出てこないような気がしました。戸籍のイメージが違うようで、豊前国戸籍などが、庚午年籍 庚寅年籍を引き継いでいるとすれば、安田仮説は店じまいしないといけないように思います。しかし、今ある名字は奈良時代・平安時代の影響を受けているはずで、そのメカニズムも不明です。もう少し考えてみたいとは思います。
 今回、宮内庁の正倉院宝物紹介の中に、戸籍がありましたが、混雑の中で初見で理解することは、残念ながらできそうにはありません。図録なども文字がはっきり見えません。いろいろネットを探すと
独立行政法人国立文化財機構文化財活用センターで、正倉院のものではなさそうですが、豊前国仲津郡丁里大宝二年戸籍断簡がありました。
コピーなどは禁止とのことで、urlメモです。
かなり拡大できて文字も見ることができます(読むレベルにないのがかなしい)。
今まで知りませんでしたが、探してみるとデーターベースがいろいろあるようです。
正倉院文書を調べる
とかうまく活用できればということになります。

・正倉院展に出展される戸籍類の文書について
これらの多くが、正倉院文書の「正集(せいしゅう)」四十五巻のグループに属している。これは、江戸末期の天保年間に穂井田忠友(ほいたただとも)という国学者が、主に「写経所文書」を対象にして「整理」したものだ。・・・ということです。正倉院文書入門、栄原永遠男著に書いてあります。

 写経所の文書とは、元々あった戸籍とかの文書の裏が白紙でその部分を再利用して写経書の文書ができているのを、切り貼りして戸籍などを巻物のように復原したものを「整理」というようです。従って戸籍は完全なものではありません。写経所で書かれた状態に戻すのと、その元に戻すのと二重の復原があるそうです。

2018年11月12日月曜日

第70回正倉院展、山水図

先日出かけてきました。多数の人が見学されていて、中国語も聞こえ、国際化していて、どんどん混雑の度合いが増してくるのかもしれません。出品されるものは入れ替えられるとのことで、十年は見ないといけないらしいので、まだ道半ばです。今年は進歩して、図書館で正倉院の宝物の大型本を見て、予習をしました。出品されるものとの対応がわかりにくく、探せないものとかあり、難しいなと思い、今後の課題です。その中で山水図というのがあり、この中で馬が描かれていて、興味をもち、実際のもので確認しようということで、展示してあるガラスの面にへばりつきましたがわかりませんでした。買ってきた「正倉院展」目録を見ても、小さくてよくわかりません。
ところが、宮内庁の正倉院宝物検索というところがあり、詳細に見ることができました。ありがたいことです。
山水図は1と2があり、今回出品のものは山水図2の方です。
下図は切り取りしたものです。

会場の説明では中央の鳥居のようなものは門との説明がありました。私には高床式の倉庫(正倉院の建物のミニチュア版)のように見えましたが、別の宮内庁の山水図1では周りに塀らしきものがあるので、やはり門のように思われました。そうすると門の右側にある棒状のものは旗のような目印を掲げるもののように思えてきます。左の方の家ですが、格子状の部分は壁のようで、のれんのようなところが出入り口になっているようです。屋根の上の丸いものはおそらく石で、屋根を押さえているのだと思われます。想像していくと面白いものがあります。
この図の元は
http://shosoin.kunaicho.go.jp/ja-JP/Image/ViewerMain/0000010945?imgNo=CO0000001697&clp=0,0,2353,2941,640,800,0&uq=1541984291494
にあります。切り取りのみで画像の編集とかしていません。
以下の図も同様に宮内庁の検索で出てきたものです。

次の図は、小舟と二人の人物です。二人は座っていて、船には誰も乗っていません。想像するに、この二人は渡し船の船頭さんで、客の来るのを舞っている情景に見えます。職業として成立しているように思えます。つばのある帽子をかぶっているのは渡来の風俗のように見えます。
この図も、上記のところからの切り取りです。


次の図は三人の人物と家があるところです。こちらの家も屋根に石をのせているように見えます。柱だけで壁がなく、雨宿りの建物のように見えます。人物三人のうち、右側の人は背が丸まった老人のようで、視線は左手の二人を見ています。中央と左手の人間は対面しており、中央部の人物は小さく描かれていて、子供のようです。首をうなだれているようで、親子で説教を受けている雰囲気です。目録の解説では左の人物は獣皮に座っているとありますが、確かに獣皮のしっぽのようなものがあります。

次のが見落とした馬に騎乗する人物の図です。
図のスケールは5mm、1cmの目盛がありますが、わかりにくいと思います。会場の人混みの中で探し出すには困難でした。二人の水平垂直の交点に犬らしき動物がいます。この動物を追っているのか、使って狩りをしてるのかはわかりませんが、狩猟をしている風景に見えます。



タイトルは山水図となっていますが、図を見ると、ススキの穂がなびいているようなところが全面にあります。どうもこの部分は、波が連なっている様子を表しているようです。つまり絵としては山水水図みたいです。後の絵巻で雲が表されるところが水面なのかと妄想は膨らみます。

2018年10月30日火曜日

カースト制度から

 カースト制度はヒンドゥー教の身分制度で、大枠はヴァルナと呼ばれる4つのグループとその下におかれた不可触民のグループにわかれます。前者はブラーマン(司祭・学者階級)、クシャトリア(王侯・戦士階級)、ヴァイシャ(商人・平民階級)、シュードラ(上位三階級に奉仕する隷属民・農民・職人)から構成されており、それぞれのヴァルナには多数のカースト集団(ジャーティと呼ばれる)が属している。ジャーティは「生まれ(を同じくする者の集団)を意味する」とのことで職種によって区分された職能集団で、地域共同体の分業関係が維持され、世襲制のものとなり、結婚もグループ内ということになるようです。インドがイギリスの植民地となったとき、国勢調査が行われ、中位のカーストでは曖昧だったものが、これで序列が固定化したそうです。序列については不明ですが、古い時代から職人集団が村落内だけで無く広いネットワークの中で成立していたことが考えられます。
 参考本には、
かって村落在住のカースト集団の間には、それぞれの生業に基づいた分業関係が維持されており、王国支配下の地域共同体の場合、分業体制は各世帯が地域の生産物を世襲的に受け散る職分権により成り立っていた。壺造り、大工、鍛冶屋、職工、染色屋、仕立屋などの職人カーストや、床屋、産婆、洗濯屋などのサービスは・カーストは、多数を占める農民をはじめ、ほとんどの村人に、年間を通じて生産したものやサービスを提供し、その報酬として穀物や野菜、壺、布などの現物を受け取ったり、サービスを受けていた。このような関係は、生産品やサービスを提供する側とされる側の間の契約によって成立するものであるが、特別なことが無い限りこの契約関係は排他的かつ恒久的に継続していくものとされる。こうした分業体制によるカースト間の経済的総合依存関係はジャジマーニー制度(ジャジマンとは顧客のこと)と呼ばれ、1936年に、北インドで調査を行ったワイザーの報告によって明らかになったのである。
以下引用を省略します。これは日本の古い時代でも職業的なものは違いますが、ある程度の農業生産が行われて、経済的な余裕が生まれ、分業体制ができたものと思われます。ヤマト王権の部民制(王権への従属・奉仕の体制、朝廷の仕事分掌の体制)のことが妄想され、中央集権的な体制でなくても良さそうに思われます。

参考:カーストから現代インドを知るための30章、金 基淑(キム・キスク)編、明石書店発行

2018年10月26日金曜日

五十音図と梵字

梵字の五十音図を見ました。


梵字は表音文字です。ひらがなの「か」をローマ字で表せば、「ka]となります。「き」はローマ字では[ki]ですが、梵字では[ka]+[i]で「き」になります。
ローマ字の[ka]では「k」+「a」の子音+母音の組み合わせですので、横書きで左から右方向に向かう並びになります。ひらがなであれば特に方向は関係なく縦書きでも問題ありません。梵字も同様のようです。梵字について、五十音図でかなりわかりますが、表音文字で「あ」、「か」、「さ」、・・・の「あ」の行が基準になり、子音に相当するものが「い」行、「う」行とついています。ひらがなであれば、「か」の列、こちらをか行というのかもしれませんが、縦の列の文字からは「k」音を感じることはできません。梵字であれば、子音の字形のどこかに母音を示すものがついて、縦横の関係でなんとなくわかるような気がします。梵字では母音に相当するものが日本語のあ~おの五音より多くありるので、縦に伸びることが考えられ、実際はもっと多いはずで、違いはありますが、かなの五十音図は基本は梵字の悉曇学にあるようです。
ひらがなは漢字の草書体から取り入れられたというのが定説ですが、納得しにくいところがあります。この梵字の五十音表を見ていて、「つ」のところです。拡大します。

「つ」は手元の五體字類を見ると、門、川、都、徒、津などから取り入れられたようですが、梵字からではという気がします。「つ」は梵字の下の部分ですが、「う」の字も梵字の上部が点になったように思われます。「す」の字も下の方のくるっと回ったところなど似ています。
漢字は直線的であり、梵字は曲線的なようです。これを考えると
漢字→カタカナ
梵字→ひらがな
ということになります。無理を承知で言ってますが、部分的には梵字が仮名に取り入れらた可能性はゼロではなく、仏教を日本へ持ち込んだ時に、梵字の簡略化されたものが用いられたものの、日本では種子《しゅじ》として諸仏諸尊をあらわしており、神聖なものとして、利用が制限されてしまった可能性はあります(単なる想像です)。紀貫之の土佐日記も何かしらの制約があったのではと思います。

2018年10月25日木曜日

インダス文明の衰退原因について

環境人学と地域、インダス 南アジア基層世界を探る、長田俊樹編、京都大学出版会発行
を見ています。インドについて古い本を見ていると、かなりの認識の差があり判断をあやまる可能性があります。インダス文明とはインド・パキスタン・アフガニスタンのインダス川および平行して流れる川のあたりに栄えた文明とされています。
タイトルの衰退原因ですが、
1.アーリア人侵入破壊節
2.メソポタミアの貿易停止説
3.社会的文化的変容説
4.森林破壊大洪水説
5.インダス川の河流変化説
6.インダス川自然ダム水没説
7.サラスヴァティー川消滅原因説
8.気候変動説
があげられています。
1の説には、イギリスの考古学者ウィーラーで、モヘンジョダロにおける虐殺跡とされる人骨の発見である。これと「リグ・ヴェーダ」の中の記述の「砦」などと結びついて生まれた説という。この説はa)アーリア人の侵入した年代とインダス文明の衰退した年代にはかなりの差があること、b)モヘンジョダロで発見された人骨は決して虐殺されたものではないこと。c)「リグ・ヴェーダ」は神話であり、これがどこまで史実を示しているかということがあるとのことである。
 最終章においてもアーリア人侵入破壊説の否定が述べられている。この本は2013年に出版されたのであるが、2011年にもまだ旧態依然として訂正されていない穀物倉の写真があると書いてあり、一度定説化したインダス文明像を覆すのは大変であるとのことです。海上交通とインダス文明という章立てやネットワーク共同体としてのインダス文明なども述べられています。私の理解するところ、中央集権的な絶対王権の世界では無かったということだと思います。古代の日本も大和政権が絶対的なものではなかったと考えることに通じていくように思います。